中古コピー機について

Pocket

中古のコピー機であっても、保守契約が可能な期間は使い続けることができます。保守契約ができる期間は、販売終了から7年程度です。つまり、安いからと言ってあまりにも古いコピー機の購入は壊れやすいなどの理由であまりお勧めできません。

中古コピー機を購入する際には、導入コストは安く抑えられますが、故障が起きやすかったり、長く使えない場合があるため、保守可能期間と商品価格の見極めが中古コピー機購入のポイントになります。

中古コピー機でも保守契約を結べば新品と同じ保守サービスを受けることができます。コピー機そのものの保証とは異なり、中古でも新品でも同様のメンテナンスサービスを受けることができます。保守契約に加入するためには数週間から1月程度の期間がかかります。加入前のトラブルにも一定の補償があるか確認することも大切です。

中古コピー機でも希望のオプションがあれば追加できる場合があります。コピー機の機種やメーカーにより異なりますが、オプション品が販売されていれば、追加料金は発生しますが導入できる可能性があります。最近では経費削減等で両面印刷やマルチ印刷が推奨されているため、導入の際であれば安くできる可能性もあるため、購入時に設定したいものです。

関連サイト【中古コピー機
└中古コピー機販売業者のサイトです。