中古コピー機の購入について

Pocket

コピー機を導入するにはいくつかの方法があります。新しく事業を始める場合などは新品のコピー機を導入したいものです。そういった背景からか最近ではリースが主流となっています。それ以外にも購入やレンタルなどの導入方法があるため、それぞれのメリット、デメリットを理解した上で最適な方法を選びます。

まずは購入ですが、販売店やネット通販などから希望する製品を購入することができます。ただし購入するためにまとまったキャッシュが必要となり、経営的なキャッシュフローに影響を及ぼします。購入する場合は現物が資産となりますが、減価償却費や固定資産税などの事務処理が発生するため手間がかかります。
中古コピー機であればイニシャルコストを抑えられるため、導入までの期間的余裕がある場合は良い出物を探す選択肢もあります。

リースも、購入する場合と同様にリース会社から希望する製品を選ぶことができます。リース品は資産ではないため手元に残りませんが、購入と異なり減価償却費や固定資産税などが発生しないため面倒な事務処理が発生しません。また、リース料は経費処理することができます。ただし、リース契約は途中で解約できないことと、総額が購入する場合よりも割高になります

レンタルは、リース会社が保有している在庫の中から製品を選ぶため、希望の製品が選べるわけではありません。ただし、利用期間は希望の期間で借りることが出来ます。資産ではないので手元に残りませんがレンタル料は経費処理することができます。途中解約が認められていますが、料金はリースよりも高額になります。